海外VPNを使うとどんなメリットがあるの?

海外VPNを使うとどんなメリットがあるの?

海外からVPNを使うってどういうこと?できること

海外に移住した際や海外旅行や海外出張に行った際、日本のサイトにアクセスしようとしたら繋がらなかった経験はありませんか。
インターネットは世界中でつながっているから、どこに住んでいても、どこに居ても情報格差は生じない、欲しい情報をどこででも見られるから、日本に居ても、僻地にいても同じなんて思っていたかもしれません。
ですが、実際には国によって他国からのアクセスを制限することや企業などが他国からの利用を制限しているケースがあります。
そこで、海外からVPNを使うことで、その国のユーザーと同じように、日本をはじめ他国のサイトも閲覧できるようになることや動画配信サービスを視聴できるようになるのです。

海外からVPNを使うメリット

VPNは本来の通信回線に仮想の回線を設けたような通信技術です。
通常の回線では、誰がどこから使っているのかがわかる状態になっていますが、VPNを使うとすべてが暗号化されます。
そのため、誰がどこから接続しているのかわからなくなるのです。
たとえば、日本のテレビ番組などを配信しているオンデマンドサービスの多くは、アクセスできるユーザーを日本国内に限定しています。
そのため、契約をしていたとしても海外出張中などは見ることができません。
そこで、海外からVPNを使うことで、本来アクセスできないはずのサイトに入り、動画を見ることができるメリットがあります。
海外でオンラインショップを利用したいときやネットバンキングなどを利用したいとき、情報漏洩や不正利用などが気になりませんか。
そのようなときもVPNを使うことで、暗号化により情報漏れのリスクを回避できるのもメリットです。

海外からVPNを使うデメリット

では、海外からVPNを使うデメリットはどのようなものがあるでしょうか。
1つは通信速度です。
VPNは本来の通信回線でダイレクトに接続するより、VPN回線を経由することで、若干、繋がる速度が遅くなることがあります。
動画の視聴など、ややイラっとすることがあるかもしれません。
また、そもそも、信頼できるVPNと出会えるかが重要です。
知名度が高く、多くの人が利用している、評価が高いサービスを選びましょう。

海外からVPNを使うとは?まとめ

海外からは日本のサイトにアクセスできないことやサービスの利用が制限されることがあります。
海外からVPNを使うことで海外からのアクセスであるとわからなくなり、利用が可能となります。
暗号化により情報漏洩や不正利用のリスクを避けられるのもメリットです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる